So-net無料ブログ作成


なんで薄毛になるのか [薄毛の原因]

日本人男性の30%以上が気にしているのが薄毛。
男性ばかりか、最近では女性も気になりだしているようです。

ヘアースタイルでカバーできればいいのですが、毛の無くなり方によっては、それも不可能なケースもあります。

このブログでは、ますます気になる「薄毛」について、原因や種類、その対策についてお話していくつもりです。まずは、薄毛の主な原因について。


髪の構造

薄毛というのは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態をいいます。一口に「薄毛」といってますが、その症状には2つのパターンがあります。

1 本数は変わらないまま毛が細くなる
2 抜け落ちて本数そのものが減ってしまう


一般に、50本~100本の髪が、毎日、自然に脱毛していると考えられます。
髪の本数は個人差がありますが、平均を約10万本としますね。
毎日の抜け毛が、100本程度なら許容範囲です。しかし150本以上という状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)と判断されます。

では、なぜ薄毛になるのでしょうか。その原因として、4つの説が挙げられています。

1 血液循環不良説
  髪の毛は、毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。
  血流が悪くなると栄養が行き届かなくなる成長が鈍るので、髪の毛は抜けやすくなります。

2 男性ホルモン説
遺伝的に、男性ホルモンに影響やすい人にみられます。
男性ホルモンの影響を受けて、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

3 脂漏説
皮脂が異常に多く分泌されるケースです。
毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害します。

4 頭皮緊張説
成長などにより、頭皮が突っぱってしまうものです。
頭蓋骨と頭皮の間の血管が圧迫されて血流が悪くなり、毛乳頭細胞の活動が低下するといわれています。


4つの説を挙げました。実際の原因は4つのうちの一つとは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。
タグ:薄毛 原因
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

抜け毛の秋2 [抜け毛について]

■ 抜け毛の秋2


空気が冷たくなっていく秋のころ。
頭のほうも、寒々しくなっていくようです。

ん? ・・・前回と同じ出だしですか ???

実際、だんだん涼しくなってきていて、じわりと秋を感じるこのごろです。


秋といえば、食べ物!
実りの秋ですからね。
食べ物がともておいしくいただける季節です。

でも。

おいしいからといって、食べすぎるのは危険。
中には、抜け毛につながる食べ物もあります。

季節の変わり目である秋は、抜け毛も増加する時期。前回、改善させる食べ物についてすこし触れましたが、今回は逆でいきます。

悪い事態をさらに悪化させないように、「抜け毛リスクを増加させる秋の食べ物」について、調べてみました。



■ 秋は、なぜ抜け毛が増えるのか

一般的に髪の毛は1日50~100本は抜けるます。これが平常時ですね。

ところが、暑い夏や季節の変わり目には抜け毛が増えるとされてます。多くの動物は、夏の前や冬の前に毛が抜けて、季節に合った種類の毛に生え変わります。

人間の髪の毛に、夏毛や冬毛はありません。
が、季節の変わり目には、ほかの動物と同じように、抜け毛が増えてしまいます。


■ 抜け毛につながるのは、どんな食べ物?

樹木が、寒くなると葉を落とすように、身体を冷やすと抜け毛が増えるようです。
頭皮も皮膚です。なので身体を冷やしてしまうようなな食べ物は血流を悪くし、髪や毛根に影響を及ぼすわけです。

秋が旬の食べ物はたくさんありますが、そのうち、身体を冷やす食べ物はこういうものです。

 茄子
 ほうれん草
 冬瓜
 ソバ
 梨
 柿
 など


これらを食べすぎると血行が悪くなるので、抜け毛に影響してしまうのです。

「秋茄子は嫁に食わすな」という格言があります。
秋のナスは美味しくて、ついつい食べすぎてしまいます。身体を冷やして、体調を壊す危険があるという、心配から生まれた言葉です。うちの実家は農家。ナスが大好きな我が母親は、秋のたびに寝込んでました。

あの格言は意地悪ではないと、身をもって知ったはずですが、凝りもせずに毎年繰り返してます。

身体を不調にするほど、冷やしてしまうのですから、頭皮が血行不良になって、抜け毛が増えるのは、当然といえます。



■ 抜け毛には、どんな食べ物を摂取すべき?


じゃ逆に、髪に良い成分というはあるんでしょうか?
その答えは、豆と亜鉛。


豆腐や大豆などの豆製品に含まれるイソフラボンは、髪の根本の肥料となります。いいタンパク質を摂取することは、いい髪を生み出します。

その上で、亜鉛も大切です。

摂取したタンパク質を髪の栄養にするには「亜鉛」が必須。できれば、吸収を助けるビタミンCも一緒に取れるのがベストです。

亜鉛を含む食べ物といえば、納豆・ひじき・わかめ・アーモンド・ウナギなど。
ウナギは、絶滅種に指定されつつあり、世界的にも価格が高騰する高級食材です。毎日取るには、豆類が現実的です。

そう考えると、「納豆」は大豆と亜鉛を両方取れる食べ物。
価格も安いですしね。髪にとって、極上の食べ物といえそうです。



以上、秋に抜け毛リスクを増加させる食べ物についてでした。

身体を冷やすことは、抜け毛にもつながるに留まりません。脱線しましたが、さまざまな影響を及ぼすので注意が必要です。

・・・とはいえ、抜け毛ばかり気にしすぎると、それはそれでストレスになりそうです。ストレスも、抜け毛の敵。あまり、神経質にならないで、気軽に向き合ってください。

タグ:育毛 抜け毛
nice!(0) 
共通テーマ:健康
女性の加齢臭年齢は、何歳から? 早めの臭い消し対策
抜毛がひどいと「抜毛症」という病気になります。 原因はストレスやタバコ、アルコール、食事や遺伝など。改善できることもできないこともあります。毛髪根 対策としては、シャンプーや育毛剤(発毛剤)などでこまめなケアをすること。お風呂でのシャンプーは頭皮の毛穴に詰まった脂を除去するイメージ。単純な血行不足ということもあるので、爪ではなく指でマッサージするように髪を洗います。ただし、朝シャンはほどほどに。脂が少なすぎても、抜け毛の原因になります。
もちろん、食事には気を使います。栄養不足も問題ですが、過剰も悪いのです。肉を少なく野菜を中心に。汗に混じる脂の分泌を減らすことで、抜け毛を抑える効果が期待できます。 女性も男性も、抜け毛の多い時期にはとくに注意を。きになる人も気にしない人も、頭にかゆみを伴うようなら、単純な抜け毛とは違う可能性があります。
KEY:
亜鉛 aga アトピー 赤ちゃん aa アロマ 一日 医者 育毛剤 飲酒 意味 痛み 運動 産毛 割合 ウィッグ 薄毛 女性 治療 円形脱毛症 栄養 サプリ抜毛 英語 多い 多い時期 20代 お風呂 抑える 漢方 改善 乾燥 肩こり 塊 確認 肝臓 季節 急に 喫煙 基準 急増 季節 女性 期間 抜毛 癖 くし クリーナー 黒い毛根 毛先 白い 健康 細い 高校生 甲状腺 子供 怖い 根元 更年期 コラーゲン 効果 コロコロ サプリ 産後 先が細い 先細り サイド 逆立ち サプリメント 種類 シャンプー 回数 市販 診断 すごい ステロイド スピリチュアル 正常 洗髪 生理 精油 専門医 整髪料 石鹸シャンプー 掃除 相談 掃除機 染め そりこみ 速報 タイプ 大量 たんぱく質 中学生 チェック 長さ 知恵袋 長髪 くせ毛 チリチリ ツボ つむじ 鉄分 手ぐし てっぺん 手遅れ 定義 テレビ テストステロン 手の震え 適正 止まらない 豆乳 止める トリートメント 特徴 透明 夏 悩み 治す方法 納豆 ない

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。