So-net無料ブログ作成


抜け毛やかゆみを改善する正しい頭皮ケアとは [抜け毛について]

■ 抜け毛やかゆみを改善する正しい頭皮ケアとは


髪の健康は頭皮から。

頭皮の状態が良くないと、かゆみが起こりがちですし、抜け毛にもつながります。そうした悩みを解消するケアはあるのでしょうか。今回は、頭皮ケアについてです。

やはり目立つのは、シャンプーの際の抜け毛。髪を洗っているときどんどん抜け流れていく髪の毛は、見るに忍びないもの。頭がかゆいと、よけいに力が入ってそれがまた、抜け毛を序長します。頭皮の状態がよくないたおきの頭皮ケア方法とはどんなものでしょう。


まず。

かゆみがあるなら、洗いすぎ・シャンプーが合っていない・乾燥 などが思いつきます。シャンプーを変えるのが第一歩。アミノ酸系シャンプーは、頭への刺激の少いのでオススメです。シャンプー方法にも注意してください。


1 頭を洗う前にブラッシングして、汚れやフケを浮き上がらせる
2 シャンプーは直接髪に付けず、手のひらで泡立てる
3 後頭部に泡をつけ頭全体を覆うようにする
4 頭皮の皮脂を落とすようにしっかり洗う
5 シャンプーやリンスは十分すぎるほど流す


髪はしっかりと洗うのですが、一緒に頭皮のマッサージをすると頭皮の血行を良くなってより効果的です。シャンプーとかリンスが頭皮に残っていると、頭皮の皮膚トラブルを招くことも。洗い流しは、本当ににしっかりと。また、洗ったあとは、頭皮を乾かすようにドライヤーで全体をよく乾かしてください。頭皮に水分が残っていると、雑菌を繁殖させることになり、洗髪効果が半減します。


■ 生活習慣の改善も頭皮ケアにつながる


ケアはシャンプーの時だけではありません。睡眠や食事、飲酒や喫煙、運動などの生活習慣も、頭皮の健康に直接影響してきます。また、ストレスも頭皮に悪影響を及ぼします。睡眠を十分にとるのが何よりの基本となります。髪の成長に必要な成長ホルモンは寝ている間に分泌されるのです。睡眠が不十分では髪も成長してくれません。

タバコやお酒の過剰摂取は、髪の成長に必要な栄養分を破壊してしまいます。また、油っぽいものや甘いものの摂取も悪い影響があります。頭皮の皮脂の分泌を多くして、頭皮のトラブルに繋がる可能性があるのです。それに、危険なのはストレスです。ストレスは毛細血管を収縮させ、髪が必要とする栄養分を届きにくくします。しかもなぜか、皮脂の分泌を盛んにします。運動や趣味などでストレスを発散するようにしましょう。

睡眠や食事と並んで、適度な運動を行いましょう。血液の循環がよくなるし新陳代謝が高まるので、頭皮が必要とする栄養分が運ばれやすくなります。


頭皮のケアをきちんとすることで抜け毛やかゆみを防ぐだけでなく、髪も健やかにすることができます。シャンプーの仕方をはじめ、生活習慣にかかわるさまざまな注意点があります。そうはいっても、気にしすぎもダメージを与えます。あまりくよくよ考えると、ストレスになってしまいます。プレッシャーにならない程度に心がけるバランス心が良いのです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

病院やカツラに頼る前の抜け毛対策とは [抜け毛対策]

■ 病院やカツラに頼る前に。自分でできる抜け毛対策とは


多くの人々(とくに男性)を悩ませ続けている抜け毛・・・
ブラシをするたび、シャンプーのたびに、抜け落ちていく髪の毛。
その本数に、焦りと苛立ちを感じるているのは、あなただけではないでしょう。

  このまま薄毛が進んでしまうのでは・・・・

そう考えると、それだけでも大きなストレスです。心にみ負担を強いる抜け毛を防ぐには、毎日の生活の中で何に気をつけたらよいのでしょうか。


『このところ、毎朝起きると枕もとに数本の抜け毛が目立つようになりました。髪を洗うたびに指に数本から十数本の抜け毛がからみつくことも珍しくありません。若いころから短髪で、地肌は清潔に保っているつもりでしたが、友人からも指摘されるほど薄毛が目立つようになってきました。専門のサロンへ行くほどではないと思いますが、家庭でできるケアがあればぜひ教えてください。』


悩みは尽きません。


■ シャンプーの選び方


シャンプーの種類には大きく分けて、スッキリタイプとしっとりタイプがあります。地肌がすっきりするタイプのシャンプーだと、髪の脂が取れて洗い上がりが気持ちいいですが、髪対策としてはマイナスに働くようです。

そうした洗浄力の高いシャンプーは必要な皮脂までも取り去ってしまい、必要以上に頭皮が乾燥してしまうことがあるからです。頭皮が乾燥すると、髪に必要な栄養が行き渡らなくなり、薄毛の原因となることがあります。また、香料のはいった刺激のあるものもよくありません。刺激の少ないものを選んだほうがいいでしょう。

育毛シャンプーやアミノ酸シャンプーなど刺激の少ないものがおすすめです。


■ 準備ブラッシング

もう一つのおすすめは、シャンプー前のブラッシング。

洗う前に髪の毛がからまっていると、シャンプーで指を動かしている際にひっかかってしまい、必要以上に抜けていることがあったりします。抜けなくてもよい毛まで絡んで抜けてしまうの悲しすぎ。シャンプー前にブラッシングすると、絡んだ髪がほぐれで、抜け毛の防止になります。汚れが浮いて流しやすくもなるので、シャンプー効果が2倍になりそう。


■ シャンプーはなるべく少量に


シャンプーのとき、あまりやっていないのが、髪を洗い流すこと。
そんなふうに、シャンプーには3つの段階があります。


1 シャンプーの前に髪全体をまんべんなくお湯で流しましょう。髪の汚れは、お湯だけでほとんどとれると言われてます。先に洗い流しておけば、無駄に量を使わなくて済みます。

2 シャンプーは手のひらで泡立ててから、髪ではなく、頭皮を洗うように指のはらでマッサージするようにしてください。爪をたてたり、ごしごしこするのはよくありません。

3 洗い終わったらシャンプーを十分すぎるほどに洗い流してください。頭皮にシャンプーが残っていると不潔になり、抜け毛の原因となります。シャンプー量が少ないとこの段階が短くて済みますし、頭皮の残す危険もグンと減ります。

トリートメントやリンスは髪につけるようにしましょう。頭皮にはなるべく触れないように。


洗った後は?
シャンプーの後はドライヤーで頭皮を乾かすように、頭全体を十分に乾かします。この時、ブラシを使うと髪が引っ張られて抜けてしまうので要注意。ブラシも髪質にあったものを選びます。乾かしたあとの頭皮のマッサージも効果があるようです。


■ 日常のちょっとした工夫


食生活には気をつけてください。ほんの少しの手間が抜け毛対策になります。年齢だけでなく、遺伝や生活習慣など、さまざまな要因が抜け毛に影響を与えているのです。早寝早起きといった、健康的な生活がよいのはもちろんのこと、海藻や豆類など、なるべく髪によいとされる食品を食べます。次のことに気をつけるといいと思います。

1 頭皮マッサージで血流を良くすること
2 タバコ・飲酒を控えてストレスをためないこと
3 夜更かしをせず睡眠を充分に取ること
4 肉や糖分を控えめにし、納豆や魚などの良質のたんぱく質を摂ること
5 亜鉛・ビタミンCを摂ること
6 可能であれば育毛剤などを使用する
7 髪は乾かしてから寝る。


洗髪は大切ですが、それだけでなく、日々のちょっとした工夫が抜け毛予防につながります。専門医やカツラ会社に相談するよりさきに、できることがあるはずです。ケアに加えて、食事やストレス対策など、良い髪を育てるつもりで、生活習慣を心がけましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

薄毛・抜け毛の原因はひとつじゃない 2 [薄毛の原因]

■ 薄毛・抜け毛の原因はひとつじゃない 2


知ってのとおり。どんなことにも、原因というは複数存在するものです。
抜け毛も、もちろん。


・・・なんてことを、ずいぶん前に、お話しました。
そのときの内容は、食生活と遺伝でした。

あれから、イロイロと(似たような)記事を重ねてきてますが、しばらくぶりに続きを書きたいと思います。


・ 不適切なヘアケア

洗わないで不潔にしていると抜け毛に繋がるのですが、逆に過度の手入れもアウトです。

朝晩のシャンプーなど、行き過ぎた洗髪によっても頭皮は痛めます。それが薄毛や抜け毛の原因になるのです。同じ意味で、パーマやヘアダイ、ドライヤーの使いすぎも、薄毛・抜け毛を促進する場合があります。

毎日、適切にシャンプーをしても、危険なことがあります。シャンプーの後、十分なすすぎを行なわないと薄毛・抜け毛につながることがあるのです。市販のシャンプーの主成分は界面活性剤。これは、皮膚細胞内へ入り込み細胞を殺したり弱らせる作用があるといわれています。言われなくても、すすぎをしたくなります。


・ 紫外線

髪の毛表面を覆っているキューティクルは、紫外線によってダメージを受けやすい物質。長時間、髪を紫外線を浴び続けると、このキューティクルが痛んでしまいます。これも、薄毛や抜け毛の原因の一つと考えられます。


・ 冷え性 喫煙 アルコール

よく言われることですが、カラダを冷やすことは、体内の活動にマイナスになります。とくに女性は、冷え症による血行障害が、薄毛や抜け毛の原因になっている場合があります。

タバコのニコチンは、血管を収縮させる働きがあります。育毛促進どころか、脱毛のほうを促進します。

百薬の長といわれる「アルコール」。血行を促進して、毛母細胞を活性化する効果も期待できます、あくまでも適量の場合。過度の飲酒は、肝臓に負担をかけ、髪への栄養素供給の妨げとなります。薄毛や抜け毛の原因どころか、健康そのものに害をなします。



ここに挙げたことは、すべて自分自身でできることばかり。基本になるのは、健康管理ということでしょう。不規則な生活や睡眠不足は、抜け毛を促進します。

昼に受けた髪や皮膚のダメージは、夜に修復されます。寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって、せっせと治しているのです。睡眠不足は、その修復時間をとりあげてしまうので、髪にも良くありません。

髪の毛が成長するのは夜間。
昼間は成長しないのです。

不規則な生活・睡眠不足を解消することは、薄毛や抜け毛の予防につながります。

タグ:抜け毛 原因
nice!(0) 
共通テーマ:健康

「髪を増やす」 発毛と育毛の違いって? [オススメの育毛製品]

■ 「髪を増やす薬」の名前


薄くなった髪の毛。
寂しい頭髪を改善する効果のある(とされる)薬は、いろいろな言葉で呼ばれてます。

 発毛剤
 育毛剤
 養毛剤
 増毛剤

それぞれたくさんの製品が売られています。どれもこれも、薄い髪の毛となった人間には、すがりつきたくなる響きですが、これって、どう違うのでしょうか。言葉の定義としては、次のようになっています。

・発毛剤
  新しい髪を生やすためのもの
・育毛剤」
  髪を育てるためのもの
・養毛剤
  髪に栄養を与えるためのもの
・増毛剤
  頭髪の着色剤のこと


「増毛剤」は、多少ショックですが、頭を見た相手に「髪の毛ふさふさね」と思わせることができれば成功です。使っているこちらも、増やした気分になれるし、薄くて老けて見られるよりは、ずっと幸せといえます。

以上でも、それなりに分かってもらえたかもしれませんが、まだ説明も言葉が足りません。もう少し、言葉を加えると、次のような効果の違いがあります。


・発毛剤とは
  脱毛してしまった毛穴から、毛が生える効果のあるものとされています。ところが実際は、頭頂部や前額部毛の、が無くなった箇所から毛は生えないようです。失った毛穴ではなく、頭に残っている「産毛」が、太く長く成長して髪の毛の密度を増やしていく効果があります。どちらにしても、増えた髪の毛が、露出していた地肌を覆います。

・育毛剤とは
  いま現在生えているけども、弱っている毛。そんな頭髪を太く長く成長させる効果のあるものです。

・養毛剤とは
  髪の毛を健康に保つためのもの。抜け毛や薄毛に効果をもたらすよりも、栄養を与えて現状を保つ意味が強いようです。

・増毛剤とは
  増毛スプレーなどを使用するもの。薄くなった毛の部分に、細かな繊維や微粒子を吹きかけたり、塗ったりすることで、薄毛にボリューム感があるように見せるものです。洗髪時にシャンプーで簡単に洗い流せるということで、水が弱点です。雨や多量の汗をかいた場合でも、色落ちの可能性があります。


さて、こうしてみると、発毛剤も育毛剤も、大きな違いがないように思えます。実際にその通りで、効果にたいした差がない(と言われる)のです。ならば、全ての製品が、より言葉の意味が強い「発毛剤」を名乗ればよさそうなモノですが、それはできません。


■ 法律による、育毛と発毛。


 市販されている「発毛剤」と 「育毛剤」は、基本的には、ほとんど違いがないのですが、決定的な違いは法の下の認可の差にあります。

言い換えれば、厚生労働省に認可されたものが「発毛剤」。そして、認可されなかったものが 「育毛剤」として販売されているのです。たとえ発毛の効果のあるものであっても、厚生労働省の認可下りなければ「発毛剤」として販売することは出来ません。


私たちが口にするあらゆる薬や、頭皮・肌につけるヘアケア製品や化粧品など、法律によって細かに、定められています。法によって規制されているのですが、ウラを返せば、悪質な製品から護られているといってもいいでしょう。

その法律によれば、発毛剤は「医薬品」で、育毛剤・養毛剤は「医薬部外品」です。医薬品は「薬」扱いになるので、病気の治療や診断、予防を目的とします。人に与える薬の効果が、穏やかなものは医薬部外品とされます。

その厚生労働省の審査には、年単位の時間がかかるという事情もあって、メーカーの多くは「発毛剤」としてではなく、「育毛剤」として製品販売するという傾向があります。


発毛剤は「医薬品」なので、病院で医師に処方してもらうのが基本です。体に作用する有効成分が入っているので、使用する場合には、用法・用量など 使用方法を守る事が大切です。発毛剤には、薬剤師のいる薬局で購入できるものもあります。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

抜け毛50%増量中な秋。 抜け毛減少策とは? [薄毛の原因]

■ 秋は、抜け毛増量中!


空気が冷たくなっていく秋のころ。
頭のほうも、寒々しくなっていくようです。

秋は、抜け毛が気になる季節。


1日における、抜け毛の正常範囲数は80~100本くらいといわれます。
ただ、夏の紫外線で頭皮が受けることなどによって、秋の季節の変わり目には、抜ける髪の毛が増える傾向があるとか。

寒くなるのは、空気のせいだけではないわけです。


秋に向かうにあたり、今回は、抜け毛を防ぎ、健やかな髪を保つヒントを紹介しましょう!
基本的なことばかりですが、疎かにしていないかどうか、チェックしてください

題して・・・ 抜け毛6策!


策1 頭皮を清潔にすべし
 頭皮というのは、皮脂や汗、ホコリで汚れています。
 毎日、シャンプーをして頭皮を清潔に保ちましょう。

策2 頭のマッサージをすべし
 頭皮をマッサージすることで、血行が良くなります。
 とくに、シャンプーをするときにマッサージは大事。
 まずは、7日繰り返すこと。きっとそのまま習慣になるはずです。

策3 ストレスは大きな天敵
 ストレスを受けると、血液の循環が悪くなります。
 毛細血管の働きが滞ると、頭皮が緊張してかたくなって皮脂の分泌が多くなります。胃腸などの内臓やホルモン、神経系も影響を受けるので、それも毛髪の育成を阻害します。

策4 睡眠は充分にとるべし
 髪が受けたダメージは、寝ている間に修復されます。睡眠中に免疫細胞やホルモンが働くからです。夜更かしをしないで睡眠を多くとれば、頭皮の状態を良くして、髪がよく作られます。

策5 バランスの良い食事
 子供が好むような食べ物ばかり食べないこと。砂糖をたくさん使っているお菓子や清涼飲料水は、体質を悪いほうに変化させていきます。ラードを使った揚げ物や、揚げてから時間が経っている揚げ物類、肉の脂身なども同様です。なるべく避けましょう。

 推奨する食べ物はこれ
 ・脂が少なく、たんぱく質が豊富な肉や魚、大豆食品
 ・ミネラルやビタミンが多く含まれている海藻類や野菜、果物

 上を中心として、多種類の食品をバランスよくとるのが良いでしょう。

策6 適度な運動をするべし
 ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動はとても有効です。心肺機能が強化され、血行がよくなり、頭皮の発毛環境が整えられるのです。新陳代謝も良くなって、細胞の生まれ変わりが促されます。


まとめ

規則正しい生活は、心身ともに健康にしてくれます。
十分な睡眠、規則正しい食事、適度な運動を心がけましょう。



 「わかっちゃいるけど・・・」

     ↑ ↑

 抜け毛を減らしたいなら髪禁句です
タグ:抜け毛 防止
nice!(1) 
共通テーマ:健康
女性の加齢臭年齢は、何歳から? 早めの臭い消し対策
抜毛がひどいと「抜毛症」という病気になります。 原因はストレスやタバコ、アルコール、食事や遺伝など。改善できることもできないこともあります。毛髪根 対策としては、シャンプーや育毛剤(発毛剤)などでこまめなケアをすること。お風呂でのシャンプーは頭皮の毛穴に詰まった脂を除去するイメージ。単純な血行不足ということもあるので、爪ではなく指でマッサージするように髪を洗います。ただし、朝シャンはほどほどに。脂が少なすぎても、抜け毛の原因になります。
もちろん、食事には気を使います。栄養不足も問題ですが、過剰も悪いのです。肉を少なく野菜を中心に。汗に混じる脂の分泌を減らすことで、抜け毛を抑える効果が期待できます。 女性も男性も、抜け毛の多い時期にはとくに注意を。きになる人も気にしない人も、頭にかゆみを伴うようなら、単純な抜け毛とは違う可能性があります。
KEY:
亜鉛 aga アトピー 赤ちゃん aa アロマ 一日 医者 育毛剤 飲酒 意味 痛み 運動 産毛 割合 ウィッグ 薄毛 女性 治療 円形脱毛症 栄養 サプリ抜毛 英語 多い 多い時期 20代 お風呂 抑える 漢方 改善 乾燥 肩こり 塊 確認 肝臓 季節 急に 喫煙 基準 急増 季節 女性 期間 抜毛 癖 くし クリーナー 黒い毛根 毛先 白い 健康 細い 高校生 甲状腺 子供 怖い 根元 更年期 コラーゲン 効果 コロコロ サプリ 産後 先が細い 先細り サイド 逆立ち サプリメント 種類 シャンプー 回数 市販 診断 すごい ステロイド スピリチュアル 正常 洗髪 生理 精油 専門医 整髪料 石鹸シャンプー 掃除 相談 掃除機 染め そりこみ 速報 タイプ 大量 たんぱく質 中学生 チェック 長さ 知恵袋 長髪 くせ毛 チリチリ ツボ つむじ 鉄分 手ぐし てっぺん 手遅れ 定義 テレビ テストステロン 手の震え 適正 止まらない 豆乳 止める トリートメント 特徴 透明 夏 悩み 治す方法 納豆 ない

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。