So-net無料ブログ作成


薄毛の原因 ブログトップ
前の5件 | -

眠り過ぎで毛が抜ける?? 信じられない抜け毛の原因・・・ [薄毛の原因]

ピリッとくる静電気。
いきなり発生し、よく驚かされます。

冬の晴れた日、ドアノブや車のドアを触ったときなどに起こりますよね。最大なのが稲妻ですが、あそこまでいかなくとも、摩擦があるところ少なからず発生してるのが静電気です。


現代の生活には、家の中にも外にも、電気を使ったものがどこにでもあります。テレビやパソコン、信号機や電灯などなど。そう考えると、電気を大量に消費している社会ですよね。靴をはいてコンクリートの上を歩くだけでも、静電気を生成させやすいそうです。

さらには、衣服は化学繊維、洗剤は界面活性剤入り・・・静電気に囲まれて生活しているようです。


■ 静電気は抜け毛を増やす!?

とりわけ、電気製品に取り囲まれた生活は静電気をもたらしやすいもの。特に危険なのが、長時間パソコン作業する人です。電化製品そいうのは「プラスイオン」を発生させています。パソコンを使っている最中は、空気中にプラスイオンを撒き散らかしているようなものです。

プラスイオンは、空気を吸っている人間の体の中にまで入り込んできます。
体の中にプラスばかり入るので、イオンのバランスがくずれてしまうのです。


静電気をためてしまった体の血はドロドロです。
ドロドロの血液は、糖尿病など生活習慣病にも関係しますが、肌荒れなども引き起こします。

悪いことに、髪の毛というのは、静電気が起こりやすいそうです。それが毛根の脂肪に溜まることで毛根が弱って、毛が抜けやすくなってしまいます。これは、乾燥した季節に抜け毛が多くなる原因の一つです。

日中、仕事でパソコンを使っている人は、家では触らないほうがいいでしょう。そうして生活を改善することで毛根を守ることにつながります。


■ 寝過ぎも体内で静電気が増える原因に

育毛にとって睡眠は大切ですが、あまり寝すぎると逆効果になります。
その理由も「静電気」です。

摩擦があれば静電気が発生すると言いましたが、寝ているときにも静電気は生まれてます。布団というのは絶縁体です。静電気は行き場がないので体内に溜まったです。寝ている間は、身体をほとんど動かないので血流も悪くなります。ここでも静電気ー血液ドロドロの連鎖が起こっているわけです。

休みの朝などは、いつまでも起きたくないものです。疲れをとっているつもりが、実は抜け毛を促進していたなんて、愕然としてしまいますね。そういえば、朝起きると枕元に抜けた髪の毛がごっそり落ちていることもありました。

長時間睡眠をとりたかったら、眠りっ放しはダメ。ときどきは手を洗ったり、塩ひとつまみ入れた水を飲んだり、庭に出て土を触れるなどして静電気を抜くのが肝心です。起きる目安は、5時間おきくらいですね。

毛根にとって睡眠はに大切です。
でも、あまり長時間睡眠は、かえって血液がドロドロになり、結果的に抜毛が増えてしまうようです。



静電気にまつわる作用には諸説あります。なんにしても、寝ている間は呼吸や汗で体内の水分が奪われがち。。寝る前後は、水分補給を心がけて、抜け毛を防止したいものです。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

薄毛・抜け毛の原因はひとつじゃない 2 [薄毛の原因]

■ 薄毛・抜け毛の原因はひとつじゃない 2


知ってのとおり。どんなことにも、原因というは複数存在するものです。
抜け毛も、もちろん。


・・・なんてことを、ずいぶん前に、お話しました。
そのときの内容は、食生活と遺伝でした。

あれから、イロイロと(似たような)記事を重ねてきてますが、しばらくぶりに続きを書きたいと思います。


・ 不適切なヘアケア

洗わないで不潔にしていると抜け毛に繋がるのですが、逆に過度の手入れもアウトです。

朝晩のシャンプーなど、行き過ぎた洗髪によっても頭皮は痛めます。それが薄毛や抜け毛の原因になるのです。同じ意味で、パーマやヘアダイ、ドライヤーの使いすぎも、薄毛・抜け毛を促進する場合があります。

毎日、適切にシャンプーをしても、危険なことがあります。シャンプーの後、十分なすすぎを行なわないと薄毛・抜け毛につながることがあるのです。市販のシャンプーの主成分は界面活性剤。これは、皮膚細胞内へ入り込み細胞を殺したり弱らせる作用があるといわれています。言われなくても、すすぎをしたくなります。


・ 紫外線

髪の毛表面を覆っているキューティクルは、紫外線によってダメージを受けやすい物質。長時間、髪を紫外線を浴び続けると、このキューティクルが痛んでしまいます。これも、薄毛や抜け毛の原因の一つと考えられます。


・ 冷え性 喫煙 アルコール

よく言われることですが、カラダを冷やすことは、体内の活動にマイナスになります。とくに女性は、冷え症による血行障害が、薄毛や抜け毛の原因になっている場合があります。

タバコのニコチンは、血管を収縮させる働きがあります。育毛促進どころか、脱毛のほうを促進します。

百薬の長といわれる「アルコール」。血行を促進して、毛母細胞を活性化する効果も期待できます、あくまでも適量の場合。過度の飲酒は、肝臓に負担をかけ、髪への栄養素供給の妨げとなります。薄毛や抜け毛の原因どころか、健康そのものに害をなします。



ここに挙げたことは、すべて自分自身でできることばかり。基本になるのは、健康管理ということでしょう。不規則な生活や睡眠不足は、抜け毛を促進します。

昼に受けた髪や皮膚のダメージは、夜に修復されます。寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって、せっせと治しているのです。睡眠不足は、その修復時間をとりあげてしまうので、髪にも良くありません。

髪の毛が成長するのは夜間。
昼間は成長しないのです。

不規則な生活・睡眠不足を解消することは、薄毛や抜け毛の予防につながります。

タグ:抜け毛 原因
nice!(0) 
共通テーマ:健康

抜け毛50%増量中な秋。 抜け毛減少策とは? [薄毛の原因]

■ 秋は、抜け毛増量中!


空気が冷たくなっていく秋のころ。
頭のほうも、寒々しくなっていくようです。

秋は、抜け毛が気になる季節。


1日における、抜け毛の正常範囲数は80~100本くらいといわれます。
ただ、夏の紫外線で頭皮が受けることなどによって、秋の季節の変わり目には、抜ける髪の毛が増える傾向があるとか。

寒くなるのは、空気のせいだけではないわけです。


秋に向かうにあたり、今回は、抜け毛を防ぎ、健やかな髪を保つヒントを紹介しましょう!
基本的なことばかりですが、疎かにしていないかどうか、チェックしてください

題して・・・ 抜け毛6策!


策1 頭皮を清潔にすべし
 頭皮というのは、皮脂や汗、ホコリで汚れています。
 毎日、シャンプーをして頭皮を清潔に保ちましょう。

策2 頭のマッサージをすべし
 頭皮をマッサージすることで、血行が良くなります。
 とくに、シャンプーをするときにマッサージは大事。
 まずは、7日繰り返すこと。きっとそのまま習慣になるはずです。

策3 ストレスは大きな天敵
 ストレスを受けると、血液の循環が悪くなります。
 毛細血管の働きが滞ると、頭皮が緊張してかたくなって皮脂の分泌が多くなります。胃腸などの内臓やホルモン、神経系も影響を受けるので、それも毛髪の育成を阻害します。

策4 睡眠は充分にとるべし
 髪が受けたダメージは、寝ている間に修復されます。睡眠中に免疫細胞やホルモンが働くからです。夜更かしをしないで睡眠を多くとれば、頭皮の状態を良くして、髪がよく作られます。

策5 バランスの良い食事
 子供が好むような食べ物ばかり食べないこと。砂糖をたくさん使っているお菓子や清涼飲料水は、体質を悪いほうに変化させていきます。ラードを使った揚げ物や、揚げてから時間が経っている揚げ物類、肉の脂身なども同様です。なるべく避けましょう。

 推奨する食べ物はこれ
 ・脂が少なく、たんぱく質が豊富な肉や魚、大豆食品
 ・ミネラルやビタミンが多く含まれている海藻類や野菜、果物

 上を中心として、多種類の食品をバランスよくとるのが良いでしょう。

策6 適度な運動をするべし
 ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動はとても有効です。心肺機能が強化され、血行がよくなり、頭皮の発毛環境が整えられるのです。新陳代謝も良くなって、細胞の生まれ変わりが促されます。


まとめ

規則正しい生活は、心身ともに健康にしてくれます。
十分な睡眠、規則正しい食事、適度な運動を心がけましょう。



 「わかっちゃいるけど・・・」

     ↑ ↑

 抜け毛を減らしたいなら髪禁句です
タグ:抜け毛 防止
nice!(1) 
共通テーマ:健康

なんで薄毛になるのか [薄毛の原因]

日本人男性の30%以上が気にしているのが薄毛。
男性ばかりか、最近では女性も気になりだしているようです。

ヘアースタイルでカバーできればいいのですが、毛の無くなり方によっては、それも不可能なケースもあります。

このブログでは、ますます気になる「薄毛」について、原因や種類、その対策についてお話していくつもりです。まずは、薄毛の主な原因について。


髪の構造

薄毛というのは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態をいいます。一口に「薄毛」といってますが、その症状には2つのパターンがあります。

1 本数は変わらないまま毛が細くなる
2 抜け落ちて本数そのものが減ってしまう


一般に、50本~100本の髪が、毎日、自然に脱毛していると考えられます。
髪の本数は個人差がありますが、平均を約10万本としますね。
毎日の抜け毛が、100本程度なら許容範囲です。しかし150本以上という状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)と判断されます。

では、なぜ薄毛になるのでしょうか。その原因として、4つの説が挙げられています。

1 血液循環不良説
  髪の毛は、毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。
  血流が悪くなると栄養が行き届かなくなる成長が鈍るので、髪の毛は抜けやすくなります。

2 男性ホルモン説
遺伝的に、男性ホルモンに影響やすい人にみられます。
男性ホルモンの影響を受けて、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

3 脂漏説
皮脂が異常に多く分泌されるケースです。
毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害します。

4 頭皮緊張説
成長などにより、頭皮が突っぱってしまうものです。
頭蓋骨と頭皮の間の血管が圧迫されて血流が悪くなり、毛乳頭細胞の活動が低下するといわれています。


4つの説を挙げました。実際の原因は4つのうちの一つとは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。
タグ:薄毛 原因
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

亜鉛だけじゃない! 抜け毛の原因は○○不足? [薄毛の原因]

■ 抜け毛の原因は、たんぱく質不足かも?


「最近、どうも体の調子がおかしい」
「抜け毛が、ヒドイ気がする」


身体や髪の調子は、気候や気温に左右されます。湿度が高くて、蒸し暑い日々が続けば、誰でも体調に影響が出てきます。しかし、その状態が何日も続いたとしたら、気温や気候以外に原因があるはずです。

不調の原因は、さまざまなものが考えられますが、もしかしたら、その微妙な体調不良は「たんぱく質不足」かもしれません。次のような状況が起こっているなら、たんぱく質不足を疑がってください。


1 やたら甘いものが食べたくなる

たんぱく質は、体内の血糖値を一定に保つ大事な機能があります。それが失われると、血糖値が上下し、甘いものが欲しくなります。

よって、たんぱく質が不足しているとき、最初に表れるサインは、「やたらと甘いものが欲しくなる」ことです。しかも、食べてもなかなか空腹感がなくならない。これも特徴です。最近になって、以前よりも小腹が空くことが多くなり、甘いものを食べてしまうなら、注意です。


2 頭がもやもやする

血糖値のバランスが崩れると、集中力が失われ、頭がもやもやするようになります。仕事中に数字がいつものように頭に入ってこなかったり、上司の言ってることが理解不明な言語に聞こえるなら、たんぱく質不足です。

睡眠はしっかりとっているのに、日中、頭がボーっとしているのが、この状態です。


3 やたら風邪気味でぐったり

たんぱく質には、免疫を健康に保つ役割もあります。栄養が偏ってたんぱく質が不足すると、外見上は健康でも、風邪ほかの伝染病にかかりやすくなったりします。ウィルスなどの外敵を排除する機能が弱っているわけです。

なんとなく、風邪を引きやすくなったり体調もよくないなら、たんぱく質不足の可能性があります。



↓ そしてこれ ↓

 ↓ ↓ ↓ ↓

4 髪の毛がよく抜ける


お風呂で髪を洗うとき、「いつもより多く髪が抜ける」ことはありませんか?
これも、もしかしたら、たんぱく質の不足が原因かもしれません。

たんぱく質は、細胞を作る役割を果たす栄養素です。足りなくなると頭皮の細胞が弱くなって、抜け毛が多くなる場合があります。もちろん、原因がほかにあるかもしれませんが、栄養不足が髪に大きなダメージを与えることは間違いありません。


髪にとって欠かせない成分を大きく分けると、3つに集約されます

 ① タンパク質 髪の原材料になる
 ② 亜鉛 タンパク質を髪に変える
 ③ ビタミン タンパク質を効率よく髪に届ける


つまり基点となっているのは、ほかでもないたんぱく質ということです。

たんぱく質を多く含む食品には、肉や魚、卵、ヨーグルト、チーズなど。バランスよく食べて、身体も髪の毛も正常に保ちたいモノです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 薄毛の原因 ブログトップ
女性の加齢臭年齢は、何歳から? 早めの臭い消し対策
抜毛がひどいと「抜毛症」という病気になります。 原因はストレスやタバコ、アルコール、食事や遺伝など。改善できることもできないこともあります。毛髪根 対策としては、シャンプーや育毛剤(発毛剤)などでこまめなケアをすること。お風呂でのシャンプーは頭皮の毛穴に詰まった脂を除去するイメージ。単純な血行不足ということもあるので、爪ではなく指でマッサージするように髪を洗います。ただし、朝シャンはほどほどに。脂が少なすぎても、抜け毛の原因になります。
もちろん、食事には気を使います。栄養不足も問題ですが、過剰も悪いのです。肉を少なく野菜を中心に。汗に混じる脂の分泌を減らすことで、抜け毛を抑える効果が期待できます。 女性も男性も、抜け毛の多い時期にはとくに注意を。きになる人も気にしない人も、頭にかゆみを伴うようなら、単純な抜け毛とは違う可能性があります。
KEY:
亜鉛 aga アトピー 赤ちゃん aa アロマ 一日 医者 育毛剤 飲酒 意味 痛み 運動 産毛 割合 ウィッグ 薄毛 女性 治療 円形脱毛症 栄養 サプリ抜毛 英語 多い 多い時期 20代 お風呂 抑える 漢方 改善 乾燥 肩こり 塊 確認 肝臓 季節 急に 喫煙 基準 急増 季節 女性 期間 抜毛 癖 くし クリーナー 黒い毛根 毛先 白い 健康 細い 高校生 甲状腺 子供 怖い 根元 更年期 コラーゲン 効果 コロコロ サプリ 産後 先が細い 先細り サイド 逆立ち サプリメント 種類 シャンプー 回数 市販 診断 すごい ステロイド スピリチュアル 正常 洗髪 生理 精油 専門医 整髪料 石鹸シャンプー 掃除 相談 掃除機 染め そりこみ 速報 タイプ 大量 たんぱく質 中学生 チェック 長さ 知恵袋 長髪 くせ毛 チリチリ ツボ つむじ 鉄分 手ぐし てっぺん 手遅れ 定義 テレビ テストステロン 手の震え 適正 止まらない 豆乳 止める トリートメント 特徴 透明 夏 悩み 治す方法 納豆 ない