So-net無料ブログ作成
検索選択


抜け毛シャンプー ブログトップ
前の5件 | -

抜け毛を防ぐための、シャンプーの仕方 3 [抜け毛シャンプー]

■ 抜け毛を防ぐための、シャンプーの仕方 3


シャンプーが悪いと、すべてが台無しになります。
髪の毛の回復どころか、かえって薄毛が進行してしまう可能性もあるんです

シャンプーの仕方の3回目「まとめ」です。


前回のシャンプー方法は試してみましたか?

とくに、「泡立て」と「爪を立てない」は重要です。
比べてもらえば、分かるとおり、爪を立てる洗い方は、頭皮をガリガリ掻きむしることになります。肝心の髪の毛はというと、爪と頭皮の間にが挟まれてもみくちゃにされてるだけ。ただ「傷めている」だけであり「洗う」とは程遠い行為となってます。


前回の5つのステップをやってみてください。
あそこまで実行すれば、もう安心。


「 髪の毛のケア成功した! 」

    ・・・・なんて思ってませんか?


しかし、そこには落とし穴があります!


実は、正しいシャンプーの手順をふんでいても、それだけでは足りないんです。いま使っているシャンプーを調べてください。

そのシャンプーは、粗悪なものではないですか? 
そのシャンプーは、あなたの髪質や頭皮質に合ってますか?

もしも、どちらか思い当たることがあれば・・・残念ながら、男のヘアケアは失敗に終わってしまいます。

じゃ、どんなシャンプーが自分にはピッタリなのでしょうか?


たとえば、市販のシャンプーの中には、とても強力な洗浄力を持つものもあります。毛穴の脂分を取り除くことがヘアケアには大切ですが、しかし、ただ油分が多く落ちれば良いというものではありません。皮脂は、髪を保護したりツヤを与えたり、髪の健康に役立っている部分も少なくないのです。

脂分の減らしすぎは、不健康な髪をつくってしまいます。

汚れと脂分が落ちなくてはダメなんですが、脂分は落ちすぎてもダメ。さらには、自分の髪質やコンディションとの兼ね合いも重要ですから、難しいバランスが必要です。一番いいのは、自分用の完全なオーダーメイド作ってしまうことです。


・どこでも買えるモノ
>誰にでも合う最小公倍数的性質
>洗浄力が高く石油系の原料が一般的
>比較的安い価格

・プロユースのもの
>自分の髪質・頭皮質に合わすことが可能
>天然アミノ酸など自然な成分
>比較的高い価格


どこまでこだわるかか、ポイントですが。


製薬会社のアミノ酸シャンプーはこちら


nice!(0) 

抜け毛を防ぐための、シャンプーの仕方 2 [抜け毛シャンプー]

■ 抜け毛を防ぐための、シャンプーの仕方 2


「シャンプーのポイント」は、ことのほか多いです。漠然と髪を洗っている人が大半かと想像しますが、これを知ってしまったら、これまでの洗髪を後悔することでしょう。ちゃんと実行さえすれば、髪の毛の健康が保てることが充分あるのです。

正しいシャンプーの手順は次のとおり。

1 きちんと予洗いする
2 泡だったシャンプーをつける
3 髪と頭皮をじっくり洗う
4 しっかりすすぐ
5 リンス等で仕上げる


これまで行ってきた方法とは、違ってましたか?
そんなの何をいまさら って思いましたか?
それとも、面倒くさそうと感じましたか?

これこそ、ヘアケアに気を配った、正しいシャンプーの方法です。「実践してるぜ」と思っているなら、きっとそれは勘違い。やっているつもりでも、どこかが抜け落ちているか、漫然と洗っているかのどちらかです。

では、それぞれについて、説明を加えます



1 きちんと予洗いする

 ブラッシングは、濡らす前に行うのが基本。
 そうしてから、髪と地肌にお湯を通します。
「泡立ちを良くするために濡らす程度:ではなく、しっかりとお湯を浸透させるイメージです。この簡単な作業ですが、髪の汚れは思ったよりも落ちるものです。事前のブラッシングは、油分やフケが浮き出すのが目的。ずっと効果が高くなります。


2 泡だったシャンプーをつける

 シャンプーは、ある程度、手のひらなどで泡立ててから、髪につけます。
 決して髪の毛で泡立てようとしないこと。キューティクルを壊してしまいます。

 CMなどで、女性が洗顔のためにフワフワの泡を立ててますが、あの域に達するのには、修行が必要。泡立てという作業は、結構むずかしい作業。根気よくやりましょう。泡立てを助けてくれるグッズを利用するのも良いですね。


3 髪と頭皮をじっくり洗う

 シャンプーが泡立ったら、指の腹で地肌をマッサージするように洗います。
 やわらかい指の腹で、ゆっくりしっかりが原則です。

 ツメを立ててガリガリ洗うのは厳禁。痒くてもやらないこと。指に力を込めて、指圧でもやるように行うと、効果的です。シャンプーの回数は、汚れ具合によって、1回から2回程度。時間をかけることで、髪の毛の汚れも自然と落ちます。毛穴に詰まった汚れや脂分をきちんと落とします。


4.しっかりすすぐ

 すすぐのは、髪だけでありません。
 地肌にくっついたシャンプーもしっかりとすすぎ落とすこと。

すすぎは、実はとても重要な作業です。シャンプー剤が残っていると、髪が傷んだり、頭皮を刺激してフケや痒みの原因となります。すすぎをおろそかにすると、後が怖いですよ。


5.リンス等で仕上げる

 最後に、適量のリンスやコンディショナーなどをなじませます。
 これも、すすぎでしっかり流すこと。残してはダメです。

ここで注意が必要なのは、製品の使い分け。リンスやコンディショナーには、髪オンリーのものと、頭皮につけてもOKなものがあります。髪専用のリンスを頭皮にすり込んだりすると、健全な頭皮環境が失われてしまいます。理解して使わないと髪や頭皮状態を悪化させるということです。


どうでしょうか?
この通り、洗っていたでしょうか?
いままで知らなかったのなら、早速今日から実行してみてください。


さて、全てが終わったつもりでも、シャンプーやリンスが、襟足部分などに残っていることもあります。最後は首から上全体をしっかりときれいにしましょう。すこしくらいうまくいかなくても、かまいません。洗い残しだけはしないように。

nice!(0) 

抜け毛を防ぐためのシャンプーの仕方 1 [抜け毛シャンプー]

■ 抜け毛を防ぐための、シャンプーの仕方 1


髪の毛が抜ける・・・これ、けっこうショックなことです。

「 男なんで、別に抜け毛なんか気にならんよ。いっそ剃っちまうか 」

そんな強がりを言ってみても、現実に髪の毛がガンガン減っていくと、手のひらを返したように、対策に走る物です。スキンヘッドなんて、万人ができるスタイルではありませんから。意外と面倒だし。

髪の毛の手入れは、まず、シャンプーから。
髪を洗うのは当たり前ですが、そのそも、なんのためのシャンプーか、分かってます?

「なんのって・・。洗うためじゃないの?」


■ シャンプーは、何のためにするの?


いまさらですが、髪の毛の汚れをとるのが目的です。

「 そりゃそうだろ 」

でも、髪の毛は頭の上から生えてます。その頭皮が不健康では、良い毛は出てきません。栄養のない畑からは美味しい作物は育たないのです。髪の毛の健康は、頭皮の健康。つまり、髪の毛そのものを洗っただけではダメということ。

シャンプーというのは、頭皮を清潔にして、髪の毛が育つ環境を整えるためのものです。
そうしてこそ、美しい髪という「良い作物」が生えてくるのです。

シャンプーには、次のような効果があります。


1 毛穴に詰まった汚れや脂分を落とす

2 マッサージ効果・温効果により頭皮の血行を良くする

    さらに

3 髪の毛そのものの汚れを落とす

  ↓そうすると↓

4 健やかな髪の毛を生む



このような関係を頭において、効果的なシャンプー方法を実行することが大切です。髪だけ洗えば済むということではないのです。洗髪イコール髪のみと考えていた人は、真のヘアケアを目指してください。

数回に分けて、お話していきますね。
nice!(0) 

本当に抜け毛にいいのか? 石鹸シャンプー [抜け毛シャンプー]

■ 本当に抜け毛にいいのか? 石鹸シャンプー


未練がましいと言われようが、抜毛に対する執着心は、いつまでも持ちたいもの。やはり、髪というのは「若さの象徴」というか、個人にとってのアイデンティだと思うんです。

思い切ってスキンヘッドになれば、どんなに楽か
・・・そう考えなくもないけれど、踏ん切りがつかないで、今日に至ってます。

育毛。
発毛。
予防策。

髪に直接作用するものや、毛根に対して効果をもつものなど、髪の毛にまつわる製品はたくさんあります。その中で、シンプルと評されているのが、抜け毛予防によいといわれる石鹸シャンプー。抜け毛に対して予防効果があるといわれてますが、一方で使い方が難しいといった声も聞かれます。

石鹸シャンプーは、どういった点が他のシャンプーと違ってるのでしょうか? 
また、どう使えばより効果的に使うことができるのでしょうか?



■ 泡立ちは決してよくない。

よくないどころか「悪い」と言っていいでしょう。
石鹸シャンプーの使用感は、決して上等とはいえません。


はっきり言って、泡立ちが悪い。そのために、指のすべりがも悪くなって、洗いにくいのです。もちろん個人差はあるんですが、使用感はあまりよくないようです。洗ったあとも髪がごわつきます。いかにも【石鹸】といった感じですね。

洗い加減はよくないものの、髪にはプラスのようです。髪の自然治癒力に働きかけて、使っているうちに髪にコシやハリがでて、健康的な髪になるといわれます。また、フケやかゆみが治まり、臭いや白髪も減るという感想もみられます。


普通のシャンプーは、ほとんどの製品に「界面活性剤」が含まれています。たしかに洗浄力は高いのですが、髪の栄養まで一緒に落としてしまいます。そのせいで、頭皮が乾燥しやすく、フケやかゆみの原因になることがあります。その先にまっているのが、抜け毛ということです。

シャンプーは、長期にわたって毎日使うものです。刺激が強いものだと、ボクシングのボディブローのように、ジワジワ毛髪を痛めていきます。刺激はなるべく少ないほうがいいのです。



以上のように、石鹸シャンプーは髪に良いのですが、どうしても、洗う時に髪のきしみがあります。そんな洗いこごちにどうしても馴染めないのなら「石鹸シャンプー専用のリンス」を併用する方法もあります。

また、石鹸シャンプー以外にも、天然素材、アミノ酸系、無添加のシャンプーもあります。自分の毛髪・毛根にあったものを選んでください。

nice!(1) 

知ってる? 時短洗いが禿げるワナ(後編) [抜け毛シャンプー]




■ 知ってる? 時短洗いが禿げるワナ(後編)


ささっと、カンタンにシャンプーする「時短洗い」。
私も愛好者の一人ですが、これがハゲに繋がということを前回お話しました。

では、どうすればいいのか?

後編の今回は、肝心の頭の洗い方についてです。



  じゃジャ~ンッ

  ↓  ↓  ↓  ↓

■ ニオイ撃退に効くシャンプー方法


問題になっている頭皮脂をスッキリ洗い落とす洗髪方法を紹介します。


1 始めに髪をブラッシングする

あまりブラッシングしない人が多いのでは。この場合のブラッシングというのは、シャンプー前に行います。洗う前にブラッシングすると髪や頭皮の汚れを浮き上がるので、その後のシャンプーで落としやすくなります。運動前の体操みなたいなものでしょうか。シャンプー前のクセにしましょう。


2 髪と頭皮の汚れをシャワーで洗い流す

お湯が頭皮まで届くようにシャワーを頭全体にあて、しっかりと汚れを洗い流します。シャワーの水流が頭に直角にあたるように流すのがベスト。毛穴の中の汚れが落ちやすくなります。整髪料でで髪が束に纏まっているなら、まず手で髪をほぐしてから流してください。


3 襟足側から丁寧に洗う

手で軽く泡立てたシャンプーを頭全体につけて、さらに頭頂部でしっかり泡立てます。洗う順番もあります。

  襟足→ 揉み上げ→ 前頭部→ 後頭部→ 頭頂部

下というか外堀から順に洗っていくわけです。いきなり本丸を責めても上手く落ちません。指を小刻みに動かして頭皮をマッサージするように洗うのがポイントです。

・この、2と3の手順を2回繰り返して確実に皮脂を落とします。


4 洗い流しも洗髪と同じ手順で

洗い流すときも洗髪と同じ順序でです。シャンプーの泡が残らないよう、しっかりとすすぎます。泡を落としながら、優しくマッサージをするようにしてみてください。洗髪後は、髪だけではなく頭皮も乾かすのが効果的です。タオルを頭に乗せた上から指を立てて地肌を拭くように優しく拭きます。



いかがでしたか?
普段のシャンプーではほとんど取れなかったあのニオイも、この方法なら効果バッチリのはず。薄毛もニオイも気になる人は、毎日のシャンプーから見直してみましょう。


nice!(0) 
前の5件 | - 抜け毛シャンプー ブログトップ
女性の加齢臭年齢は、何歳から? 早めの臭い消し対策
抜毛がひどいと「抜毛症」という病気になります。 原因はストレスやタバコ、アルコール、食事や遺伝など。改善できることもできないこともあります。毛髪根 対策としては、シャンプーや育毛剤(発毛剤)などでこまめなケアをすること。お風呂でのシャンプーは頭皮の毛穴に詰まった脂を除去するイメージ。単純な血行不足ということもあるので、爪ではなく指でマッサージするように髪を洗います。ただし、朝シャンはほどほどに。脂が少なすぎても、抜け毛の原因になります。
もちろん、食事には気を使います。栄養不足も問題ですが、過剰も悪いのです。肉を少なく野菜を中心に。汗に混じる脂の分泌を減らすことで、抜け毛を抑える効果が期待できます。 女性も男性も、抜け毛の多い時期にはとくに注意を。きになる人も気にしない人も、頭にかゆみを伴うようなら、単純な抜け毛とは違う可能性があります。
KEY:
亜鉛 aga アトピー 赤ちゃん aa アロマ 一日 医者 育毛剤 飲酒 意味 痛み 運動 産毛 割合 ウィッグ 薄毛 女性 治療 円形脱毛症 栄養 サプリ抜毛 英語 多い 多い時期 20代 お風呂 抑える 漢方 改善 乾燥 肩こり 塊 確認 肝臓 季節 急に 喫煙 基準 急増 季節 女性 期間 抜毛 癖 くし クリーナー 黒い毛根 毛先 白い 健康 細い 高校生 甲状腺 子供 怖い 根元 更年期 コラーゲン 効果 コロコロ サプリ 産後 先が細い 先細り サイド 逆立ち サプリメント 種類 シャンプー 回数 市販 診断 すごい ステロイド スピリチュアル 正常 洗髪 生理 精油 専門医 整髪料 石鹸シャンプー 掃除 相談 掃除機 染め そりこみ 速報 タイプ 大量 たんぱく質 中学生 チェック 長さ 知恵袋 長髪 くせ毛 チリチリ ツボ つむじ 鉄分 手ぐし てっぺん 手遅れ 定義 テレビ テストステロン 手の震え 適正 止まらない 豆乳 止める トリートメント 特徴 透明 夏 悩み 治す方法 納豆 ない