So-net無料ブログ作成


抜け毛について ブログトップ
前の5件 | -

出産後の女性の抜け毛対策とは [抜け毛について]

このブログでは、抜け毛や細毛の悩みについて、気になったことを書いています。
どちらかというと男性よりの情報が多い気がしてますので、今回は思いっきり女性よりの情報でいきたいと思います。

テーマは、ずばり「抜け毛と妊娠」です。


女性は、妊娠から出産までの間に、体調が急激に変化していきます。そうなるとホルモンバランスが崩れるので、さまざまなトラブルが引き起こります。なかでも多い悩みが「抜け毛」です。産後の抜け毛は、なぜ起こるのでしょうか。

産後の抜け毛には「分娩後脱毛症」「産後脱毛症」などの名前が付けられてます。それだけ、抜け毛が多い証拠ともいえ、抜け毛で悩んでいる妊産婦は、全体のじ半数とさえ言われています。

抜け毛が急に増えるようになるのは、産後2ヶ月くらいから。ブラッシングの際に髪の毛がごっそり抜け落ちたり、朝起きると枕元に束になって落ちていた・・・という恐ろしいケースもあります。不安を感じないほうがオカシイくらい、深刻な場合も多いのです。


女性ホルモンは、大きく分けると2種類あります。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つです。通常であれば、その2つが2週間ごとに、交互に優位に働くようにてきてます。しかし妊娠すると、双方のホルモンが分泌量を増やします。出産を終えるともとに戻るのですが、このとき2つのホルモンが急速に減少します。

ホルモンが急速に減少すると、カラダは、ホルモンバランスを正常な取り戻そうとして急激な変化が起こります。その変化に身体がついて行けなくなった結果、抜け毛などの不調が引き起こされるのです。こうした事情によるので、時間がたてば変調は静まります。産後半年から1年ほどすると、あれほど悩んでいた抜け毛も落ち着いてきます。

この「産後抜け毛シーズン」の期間に、絶対ダメなのが「気にし過ぎる」こと。あまりの抜け毛にくよくよしていると、それがストレスや睡眠不足そ招き、抜け毛がさらに悪化したり、産後の肥立ちにも影響します。とにかく、あまり悩みすぎずに過ごるのが吉です。


■ 抜け毛にオススメのシャンプー

抜け毛が気になると、髪の毛を洗うことを控えたくなります。だからといってシャンプーを控えめにするのは逆効果。健康な髪のためには、頭皮を清潔に保っておくほうが良いのです。ただし、きちんとシャンプーしていても抜け毛が気になるのなら、使っているシャンプーに問題があるかもしれません。

シャンプーに使われている界面活性剤によっては、洗浄力が強すぎたり、皮脂をとりすぎたりして頭皮にダメージを与えていることがあります。思い当たるのならシャンプーを別のモノに取り替えてみてはいかがでしょう。

頭皮に優しいのは「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸というのは、地肌と同じタンパク質でできています。育毛に必要なタンパク質を補えるので、髪の毛を健康にして抜け毛を減らす効果を発揮します。



■ 抜け毛を予防するシャンプー法

どうせなら、シャンプーの仕方も見直しましょう。
正しいシャンプーのポイントは次のとおりです。以前紹介した、シャンプー方法とずいぶん違ってる気がします。女性と男性とでは、頭皮のデリケートに差があるんでしょうね。

頭皮を健康に保つためには「2度洗い」がベスト。1日に何度も洗うのではなく、一度の洗髪で二度洗うのです。日に何度も洗うと、皮脂を余分に落としてしまいます。回数は1日1回のに止めましょう。

 1度目は表面の汚れや整髪料を落とす
 2度目はシャンプーの量を半分くらいにして頭皮をマッサージするように洗う。


洗い方は、指先や爪を立てたりせずに、指の腹を使うのがポイント。顔を洗うのと同じように優しく洗います。ゴシゴシ洗ってしまうクセがあるなら、脇をしめて親指を使わないようにすること。これだけで、ほどよい力加減になるはずです。

ちなみに、下から上に向かって髪の流れに逆らって洗うことで、シャンプーが髪に行き渡りやすくなります。すすぎの場合も同様で、そのほうがよく落ちます。シャンプーを残さずキレイに流しましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

抜け毛でわかる、髪毛の健康2 [抜け毛について]

■ 抜け毛でわかる、髪毛の健康2


抜け毛に頭を痛めている場合ではありません。

むやみな対処の前に、その抜け毛はどこまで、深刻なのかを確かめてください。抜け毛を集めて、毛根の状態を確認したことがありますか。すべての抜け毛の毛根が「楕円形に膨らんでいる」ようなら、あなたの頭皮は健康そのもの。心配には及びません。

楕円形が正常なら、どういう毛根が異常なのでしょう?
ここからは、注意が必要な毛根の説明です。


・ 先に毛が!

もう一度、毛根を確認してください。
根元の部分が、「楕円形に膨らんでいる先」をよくみます。
その膨らみの先から、尻尾のように毛が出ていませんか?

そういう毛がでているならば、それは、寿命をしっかりまっとうできなかった髪です。

毛根がしっかり膨らんでことから、髪の栄養状態は問題がないと考えられますが、頭皮環境、特に毛穴のトラブルのせいで早めに抜けてしまった可能性が高いです。

頭皮の毛穴に、汚れや皮脂が詰まってはいませんか?
シャンプーできちんと取り除けているかどうか、洗った後にチェックしてみましょう。


・毛根が膨らんでふくらんでいない?

抜け毛に、毛根らしきものが見当たらないなら、それは、何らかの原因で髪が成長しきらなかった毛です。髪は毛根にある「毛母細胞」が分裂を繰り返すことで成長していきます。この活動が停滞していると、毛根の膨らみができません。

この「毛根無しタイプ」の抜け毛が見つかったなら、血行不良や栄養不足、ホルモンバランスの乱れなどを見直す必要があるかもしれません。「血行をよくするマッサージをプラスする」「睡眠を十分にとるようにする」などを心がけましょう。


・抜け毛がウブ毛?

あまりに細い髪の毛が抜けることがあります。髪の毛というには、太さが足りない毛です。長さのほうも、髪全体の長さに比べて短かったり。

もし、そんな抜け毛を発見したら、赤信号が点滅してます!

「 すぐ育毛をはじめ始めたほうがいい 」

それくらい、緊急を要す、危険な状態なんです。


髪が、しっかり太くなる前に抜けてしまっているということは、髪の成長期が極端に短くなってしまっているということ。

子供> 若者> 老人> 抜ける

というサイクルのうち、栄養失調などが原因で、子供の段階で抜け落ちているのです。そのまま放っておくと薄毛や脱毛につながります。ヘアケアや、なによりも生活習慣を見なおし直しましょう。

積極的な頭皮ケアに、イマスグ、取り組むことをおすすめします。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓



リマーユスカルプシャンプー



nice!(0) 
共通テーマ:健康

抜け毛やかゆみを改善する正しい頭皮ケアとは [抜け毛について]

■ 抜け毛やかゆみを改善する正しい頭皮ケアとは


髪の健康は頭皮から。

頭皮の状態が良くないと、かゆみが起こりがちですし、抜け毛にもつながります。そうした悩みを解消するケアはあるのでしょうか。今回は、頭皮ケアについてです。

やはり目立つのは、シャンプーの際の抜け毛。髪を洗っているときどんどん抜け流れていく髪の毛は、見るに忍びないもの。頭がかゆいと、よけいに力が入ってそれがまた、抜け毛を序長します。頭皮の状態がよくないたおきの頭皮ケア方法とはどんなものでしょう。


まず。

かゆみがあるなら、洗いすぎ・シャンプーが合っていない・乾燥 などが思いつきます。シャンプーを変えるのが第一歩。アミノ酸系シャンプーは、頭への刺激の少いのでオススメです。シャンプー方法にも注意してください。


1 頭を洗う前にブラッシングして、汚れやフケを浮き上がらせる
2 シャンプーは直接髪に付けず、手のひらで泡立てる
3 後頭部に泡をつけ頭全体を覆うようにする
4 頭皮の皮脂を落とすようにしっかり洗う
5 シャンプーやリンスは十分すぎるほど流す


髪はしっかりと洗うのですが、一緒に頭皮のマッサージをすると頭皮の血行を良くなってより効果的です。シャンプーとかリンスが頭皮に残っていると、頭皮の皮膚トラブルを招くことも。洗い流しは、本当ににしっかりと。また、洗ったあとは、頭皮を乾かすようにドライヤーで全体をよく乾かしてください。頭皮に水分が残っていると、雑菌を繁殖させることになり、洗髪効果が半減します。


■ 生活習慣の改善も頭皮ケアにつながる


ケアはシャンプーの時だけではありません。睡眠や食事、飲酒や喫煙、運動などの生活習慣も、頭皮の健康に直接影響してきます。また、ストレスも頭皮に悪影響を及ぼします。睡眠を十分にとるのが何よりの基本となります。髪の成長に必要な成長ホルモンは寝ている間に分泌されるのです。睡眠が不十分では髪も成長してくれません。

タバコやお酒の過剰摂取は、髪の成長に必要な栄養分を破壊してしまいます。また、油っぽいものや甘いものの摂取も悪い影響があります。頭皮の皮脂の分泌を多くして、頭皮のトラブルに繋がる可能性があるのです。それに、危険なのはストレスです。ストレスは毛細血管を収縮させ、髪が必要とする栄養分を届きにくくします。しかもなぜか、皮脂の分泌を盛んにします。運動や趣味などでストレスを発散するようにしましょう。

睡眠や食事と並んで、適度な運動を行いましょう。血液の循環がよくなるし新陳代謝が高まるので、頭皮が必要とする栄養分が運ばれやすくなります。


頭皮のケアをきちんとすることで抜け毛やかゆみを防ぐだけでなく、髪も健やかにすることができます。シャンプーの仕方をはじめ、生活習慣にかかわるさまざまな注意点があります。そうはいっても、気にしすぎもダメージを与えます。あまりくよくよ考えると、ストレスになってしまいます。プレッシャーにならない程度に心がけるバランス心が良いのです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

抜け毛の秋2 [抜け毛について]

■ 抜け毛の秋2


空気が冷たくなっていく秋のころ。
頭のほうも、寒々しくなっていくようです。

ん? ・・・前回と同じ出だしですか ???

実際、だんだん涼しくなってきていて、じわりと秋を感じるこのごろです。


秋といえば、食べ物!
実りの秋ですからね。
食べ物がともておいしくいただける季節です。

でも。

おいしいからといって、食べすぎるのは危険。
中には、抜け毛につながる食べ物もあります。

季節の変わり目である秋は、抜け毛も増加する時期。前回、改善させる食べ物についてすこし触れましたが、今回は逆でいきます。

悪い事態をさらに悪化させないように、「抜け毛リスクを増加させる秋の食べ物」について、調べてみました。



■ 秋は、なぜ抜け毛が増えるのか

一般的に髪の毛は1日50~100本は抜けるます。これが平常時ですね。

ところが、暑い夏や季節の変わり目には抜け毛が増えるとされてます。多くの動物は、夏の前や冬の前に毛が抜けて、季節に合った種類の毛に生え変わります。

人間の髪の毛に、夏毛や冬毛はありません。
が、季節の変わり目には、ほかの動物と同じように、抜け毛が増えてしまいます。


■ 抜け毛につながるのは、どんな食べ物?

樹木が、寒くなると葉を落とすように、身体を冷やすと抜け毛が増えるようです。
頭皮も皮膚です。なので身体を冷やしてしまうようなな食べ物は血流を悪くし、髪や毛根に影響を及ぼすわけです。

秋が旬の食べ物はたくさんありますが、そのうち、身体を冷やす食べ物はこういうものです。

 茄子
 ほうれん草
 冬瓜
 ソバ
 梨
 柿
 など


これらを食べすぎると血行が悪くなるので、抜け毛に影響してしまうのです。

「秋茄子は嫁に食わすな」という格言があります。
秋のナスは美味しくて、ついつい食べすぎてしまいます。身体を冷やして、体調を壊す危険があるという、心配から生まれた言葉です。うちの実家は農家。ナスが大好きな我が母親は、秋のたびに寝込んでました。

あの格言は意地悪ではないと、身をもって知ったはずですが、凝りもせずに毎年繰り返してます。

身体を不調にするほど、冷やしてしまうのですから、頭皮が血行不良になって、抜け毛が増えるのは、当然といえます。



■ 抜け毛には、どんな食べ物を摂取すべき?


じゃ逆に、髪に良い成分というはあるんでしょうか?
その答えは、豆と亜鉛。


豆腐や大豆などの豆製品に含まれるイソフラボンは、髪の根本の肥料となります。いいタンパク質を摂取することは、いい髪を生み出します。

その上で、亜鉛も大切です。

摂取したタンパク質を髪の栄養にするには「亜鉛」が必須。できれば、吸収を助けるビタミンCも一緒に取れるのがベストです。

亜鉛を含む食べ物といえば、納豆・ひじき・わかめ・アーモンド・ウナギなど。
ウナギは、絶滅種に指定されつつあり、世界的にも価格が高騰する高級食材です。毎日取るには、豆類が現実的です。

そう考えると、「納豆」は大豆と亜鉛を両方取れる食べ物。
価格も安いですしね。髪にとって、極上の食べ物といえそうです。



以上、秋に抜け毛リスクを増加させる食べ物についてでした。

身体を冷やすことは、抜け毛にもつながるに留まりません。脱線しましたが、さまざまな影響を及ぼすので注意が必要です。

・・・とはいえ、抜け毛ばかり気にしすぎると、それはそれでストレスになりそうです。ストレスも、抜け毛の敵。あまり、神経質にならないで、気軽に向き合ってください。

タグ:育毛 抜け毛
nice!(0) 
共通テーマ:健康

リンスが、抜け毛を促進してしまう? [抜け毛について]

■ まさか・・・抜け毛の原因はリンスだった?


頭を抱えるほど抜け毛で悩んでいる人が、普通のシャンプーやリンスを使っているとは思ってません。

でも、その予備軍は、けっこう気にしないはず。スーパーで売っている市販のシャンプーやリンスで髪を洗ってケアしているのでしょう。家族で、共通のものを使っているかもしれません。


毎日のヘアケアのベースとして、シャンプーケアの後、リンスあるいはコンディショナーでのケアをしている方は多いと思います。毎日ある程度の抜け毛があるのは自然なことです。シャンプー・リンスでのケア時や、ブラッシング、タオルドライは当然ですおが、睡眠中にも多くの毛が抜けていきます。

やはり、抜け毛が多いのが、多いのがシャンプー・リンスでのケア時。昼間のうちに抜けたものが、洗髪のタイミングで流れていくヤツもあるでしょう。それはわかっていても、シャンプー・リンスの度に指の間にごっそり抜け毛が付着している光景は不安を覚えずにはいられません。

ところで、こうした日々の抜け毛の原因に、ある疑問がわきませんか?

「 もしかしたらリンスのせいかも? 」

これ、当のところどうなのでしょうか?
リンスと抜け毛の関係について、調べてみました。


■ 異常な抜け毛と正常な抜け毛


一日の抜け毛は、およそ100本と言われています。

でもこれは、正常な場合の本数。毛が生えて伸び、やがて抜け落ちる「毛周期」と、毛髪の一般的総本数10万本に照らし合わせたおおよその本数にすぎません。

人によって、かなりのばらつきがあるので、「100本より多いか少ないか」で測ることはできません。今日は153本も抜けた・・・なんて、心を痛める必要は全くないのです。

むしろ問題なのは、次の点。

・以前に比べて抜け毛の量が増えていないかどうか?
・抜け毛の状態はどうか?


以前よりも抜け毛が増えたとか、抜け毛の毛根が小さいとか、毛根の形が歪んでいるとか、切れ毛が目立つとか、毛が細くなったとか、毛根に汚れがついているとか・・・こうしたことに覚えがあるなら、要注意かもしれません。

髪の毛の抜け具合は、普段の生活諸々に影響を受けています。シャンプーは合っていないのは論外として、ストレスや生活習慣、食生活などなど、要素はいくらでもあります。リンス以外にも抜け毛の原因を考えてみる必要がありそうです。


■ 間違ったリンスの仕方が抜け毛を助長する!?

さて、ここからが本題です。

いつもと違っている「正常の範囲を超えた」抜け毛には、何かしらの原因が潜んでいます。そして、間違ったリンスの仕方も原因の1つと考えられています。リンスそのものが原因ということもあるでしょうが、それよりも、その使い方のほうに問題があるケースがあるということです。

次のことに該当するなら、今日にでも改めた方がよいでしょう。


1 シャンプーと同様に、リンスも頭皮につけて使っている
シャンプーは頭皮に付けて頭皮を洗います。一方のリンスは、髪の途中から毛先にかけて付けるのが鉄則。リンスを頭皮に付けてしまうと、毛穴もろとも頭皮をリンスで覆ってしまうことになります。毛根からは皮脂や汗が排出されているのですが、リンスでふさがると、排出ができなくなってしまうのです。

リンスを、直に頭皮につけると、抜け毛や、頭皮ニキビ、かゆみなどの頭皮トラブルを招きます。


2 リンスを付けた後、十分なすすぎをしていない
リンスは髪をパックするものです。リンスをを付けた後は、ヌルヌルした感じがなくなるまで、十分にすすぎましょう。リンス成分を残すと、髪がサラサラしていい感じですが、髪にも頭皮にもいいことはありません。十分すすいでも、リンスはしっかり髪に吸着するのがリンスです。すすぎ残しがあると、かゆみやべたつきの原因となります。


3 リンスの目的と必要性を再確認しよう
ギシギシと傷んだ髪では、髪同士の摩擦で余計髪を傷めてしまいます。リンスの目的というのは、髪の表面をコーティングして、指通りを滑らかにすること。髪に艶をだし、まとまりをよくしてくれます。傷んだ髪を補修し、切れ毛や枝毛対策としても役立つのです。

そういうことを考慮すると、リンスを使う人・使わなくても良い人が見えてきます。
リンスを付けなくても、ブラッシングの際にあまり引っかかりを感じないなら、リンスをする必要性はあまりないでしょう。また、ショートヘアなら髪が絡むことが少ないので、リンスはいりません。ワックスなどのスタイリング剤を使用した方が、頭皮にとっては良いのです。


結論としては、リンスそのものが抜け毛の原因ということはありません。でも、間違った使い方はタブーです。正しく使ってこそ、頭皮環境を守ることができる。それが抜け毛予防の第一歩です。



nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 抜け毛について ブログトップ
女性の加齢臭年齢は、何歳から? 早めの臭い消し対策
抜毛がひどいと「抜毛症」という病気になります。 原因はストレスやタバコ、アルコール、食事や遺伝など。改善できることもできないこともあります。毛髪根 対策としては、シャンプーや育毛剤(発毛剤)などでこまめなケアをすること。お風呂でのシャンプーは頭皮の毛穴に詰まった脂を除去するイメージ。単純な血行不足ということもあるので、爪ではなく指でマッサージするように髪を洗います。ただし、朝シャンはほどほどに。脂が少なすぎても、抜け毛の原因になります。
もちろん、食事には気を使います。栄養不足も問題ですが、過剰も悪いのです。肉を少なく野菜を中心に。汗に混じる脂の分泌を減らすことで、抜け毛を抑える効果が期待できます。 女性も男性も、抜け毛の多い時期にはとくに注意を。きになる人も気にしない人も、頭にかゆみを伴うようなら、単純な抜け毛とは違う可能性があります。
KEY:
亜鉛 aga アトピー 赤ちゃん aa アロマ 一日 医者 育毛剤 飲酒 意味 痛み 運動 産毛 割合 ウィッグ 薄毛 女性 治療 円形脱毛症 栄養 サプリ抜毛 英語 多い 多い時期 20代 お風呂 抑える 漢方 改善 乾燥 肩こり 塊 確認 肝臓 季節 急に 喫煙 基準 急増 季節 女性 期間 抜毛 癖 くし クリーナー 黒い毛根 毛先 白い 健康 細い 高校生 甲状腺 子供 怖い 根元 更年期 コラーゲン 効果 コロコロ サプリ 産後 先が細い 先細り サイド 逆立ち サプリメント 種類 シャンプー 回数 市販 診断 すごい ステロイド スピリチュアル 正常 洗髪 生理 精油 専門医 整髪料 石鹸シャンプー 掃除 相談 掃除機 染め そりこみ 速報 タイプ 大量 たんぱく質 中学生 チェック 長さ 知恵袋 長髪 くせ毛 チリチリ ツボ つむじ 鉄分 手ぐし てっぺん 手遅れ 定義 テレビ テストステロン 手の震え 適正 止まらない 豆乳 止める トリートメント 特徴 透明 夏 悩み 治す方法 納豆 ない